忍者ブログ

アニメ・漫画のメモ帳(自己満)

個人的なアニメの感想と好きな声優やアニソンについて書いてます。

アニメ 魔法科高校の劣等生 個人的感想

 
■ 動画配信情報 ■
Amazon prime video:全話有料配信
U-NEXT:31日間無料お試し・全話無料配信
ビデオマーケット :全話有料配信


カテゴリ:主人公最強
構成要素:「学園」「主人公天才」「バトル」「SF」「魔法」「主人公最強」「マッドハウス」
放映時期:2014年 - 4月




ストーリー
かつて超能力と呼ばれていた未知の力が科学によって
魔法として制御され運用されている世界。
西暦2095年、国立魔法大学付属第一高校に、
エリートとして将来を約束された「一科生」の妹と、
その補欠である「二科生」の兄が入学した。
刻々と明らかになっていく兄妹の秘密と
それを軸に動いていく二人とその仲間たちの物語。


■ 感想 ■
小説原作のアニメで26話構成。原作は20巻以上まだ続いている。
アニメは原作の1~4巻と6、7巻の内容で
後に劇場版「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」が上映。
こちらは原作の11巻の後の設定のようなので
アニメだけで追っていると少しだけ「?」が浮かぶ。


一般的なファンタジーの魔法とは異なって
魔法の力+科学の力が総合的な力になっている。
なので科学技術の進歩によって魔法も進化したり
新たな魔法が生まれたりと面白く、
なおかつ、その魔法の仕組みを理論的に説明している所も
今までのただ「炎がでる」「氷がでる」といった
漠然とした魔法の概念を覆すような作品になっている。


サブキャラクターに関しても設定がしっかりしていて
そのキャラそれぞれの物語があるような内容の濃さがあり、
決して嵩増しのストーリーではなく必要な物語であると思う。
これは基盤の設定で「一般人はこの学校にはいない」と
いう事もあってサブキャラそれぞれがそれなりのキーパーソン
になりえるという含みを持っていたからなのかも知れない。
(アニメでも雫が上記のようなセリフを言っている)


懸念になるのが兄妹で主人公とヒロインなので
そちらの展開が行き過ぎると厳しいのだが、
あくまでブラコンとシスコン程度でギリギリ収まっている。
主人公側にその自覚がないか、その更に先の感情なのかも知れない。
ハーレム展開と言うわけもなくサブキャラ同士の恋愛もちらほら見られ、
主人公は「補欠」という立場で入学してから
実力で周囲の人達の信頼を勝ち取っているような感じだった。
それとは別に嫉妬をかったり、その突出した実力から
不審に思われるような描写もあった。
この入り乱れるような人間模様もこのアニメの良い所だと思う。
ファンタジーとサイエンスファンタジーを合わせた
かなりの良作なので是非見て欲しい。


■ 個人的オススメ曲 ■

オープニングテーマ  



エンディングテーマ  

主要キャラクター
司波 達也
声 - 中村悠一
司波 深雪
声 - 早見沙織
西城 レオンハルト
声 - 寺島拓篤
千葉 エリカ
声 - 内山夕実
柴田 美月
声 - 佐藤聡美
吉田 幹比古
声 - 田丸篤志
七草 真由美
声 - 花澤香菜
渡辺 摩利
声 - 井上麻里奈
光井 ほのか
声 - 雨宮天
北山 雫
声 - 巽悠衣子
桐原 武明
声 - 杉田智和
壬生 紗耶香
声 - 戸松遥

劇場版も含めたネタバレビューは
こちらから


魔法科高校の劣等生 入学編 1(Blu-ray Disc)




魔法科高校の劣等生がレンタルなら30日間無料でお試しできる!



魔法科高校の劣等生 公式PV達也ver


魔法科高校の劣等生 公式PV深雪ver


LiSA「Rising Hope」 公式MV



安田レイ「Mirror」 公式MV FULL

PR