忍者ブログ

アニメ・漫画のメモ帳(自己満)

個人的なアニメの感想と好きな声優やアニソンについて書いてます。

アニメ ギルティクラウン 個人的感想


■ 動画配信情報 ■
ビデオマーケット:全話有料配信
Hulu:2週間無料お試し・全話見放題



カテゴリ:感動・泣ける
構成要素:「学園」「近未来」「バトル」「良い曲使ってる」「泣ける」「Production_I.G」
放映時期:2011年 - 11月




■ ストーリー ■
未知のウイルス、通称〈アポカリプスウイルス〉の蔓延によって引き起こされた大事件
「ロスト・クリスマス」から10年後。
日本はアメリカ軍を中心とする超国家組織GHQの隔離統治下に置かれていた。
主人公の桜満 集はお気に入りの場所である廃校舎で
自身がファンである歌手、EGOISTのいのりと出会う。
傷を負っていた彼女がレジスタンス組織「葬儀社」のメンバーでもある事が判明したのち
集は葬儀社のリーダーである恙神 涯やその仲間達と関わりを持つ事となった。
そんな中でいのりがGHQより盗み出したGHQの最高機密
「ヴォイドゲノム」に触れ、〈王の能力〉を宿してしまう。

■ 感想 ■
自分の中ではかなり良い評価のアニメの一つ。
個人的神アニメです!
良作アニメに多く携わっているProduction I.G制作。

「友達を武器に戦う。それは僕が戴きし、罪の王冠。」


これをコンセプトに物語りは流れていく事になる。
アニメ22話構成(総集編1話除く)
人類が未知のウィルスに侵され日本は半崩壊の状態になっている。
そんな世界で唯一無二の力を手に入れてしまった
主人公の成長、葛藤、過ち、決断を見られる作品。


また主人公が良い意味で普通の学生な所も良い。
全22話の中で物語の内容が1期、2期のような分かれ方をしていて
前半は主人公の成長、中盤は葛藤と過ち、終盤は決断としっかり構成されている。
個人的には中盤の葛藤と過ちのパートは少し目を覆いたくなる苦しさがある。
これは視聴者としてギルクラを俯瞰から見ているがゆえのものなので我慢。


もう一つこのアニメの良いところは音楽で
アニメの中に出す為のアーティストを実際に作り、OPやED,
挿入歌に使っていて、そのボーカルがヒロインのいのり。
(実際のボーカルといのりのCVは別)
場面場面で歌っているいのりの姿が話の後半になるとかなり効いてくる。
バトルシーンの主人公の躍動感のある動きと挿入歌のBiosは鳥肌。
(この曲はEGOISTではない)


22話を通じて、主人公の悩み苦しむ姿を、ヒロインの悩み苦しむ姿を
お互いが見守り、理解し、寄り添う気持ちが伝わってきて
■ 個人的オススメ曲 ■

オープニングテーマ  




オープニングテーマ②  



エンディングテーマ  



エンディングテーマ②  



挿入歌  



挿入歌②  

↑シーンと曲の組み合わせがとても良かったです。
■ 主要キャラクター ■
桜満 集
声 - 梶 裕貴
楪 いのり
声 - 茅野 愛衣
恙神 涯
声 - 中村 悠一
篠宮 綾瀬
声 - 花澤 香菜
ツグミ
声 - 竹達彩奈
校条 祭
声 - 嶋村侑
魂館 颯太
声 - 阪口大助
寒川 谷尋
声 - 水島大宙
ダリル・ヤン
声 - 内山昂輝
嘘界=ヴァルツ・誠
声 - 神奈延年

ギルティクラウンのネタバレビューはこちらから


GUILTY CROWN DVDBOX PV
PR